何枚あればいい?サイズはどれくらい?意外に知らない赤ちゃん用ガーゼの選び方

何枚あればいい?サイズはどれくらい?意外に知らない赤ちゃん用ガーゼの選び方についてまとめました。初めてガーゼを揃える際は、何を基準にどれくらいの量を選びば良いのか分かりませんよねガーゼの使用方法についてご紹介します。 2017年08月25日作成

  • ライフスタイルライフスタイル
  • VIEW:132

赤ちゃん用ガーゼは一体どういった選び方をしたら良いのでしょうか?特に新生児の頃は、赤ちゃん用ガーゼが大量に必要になります。たくさんのガーゼが販売されてあり、初めてガーゼを揃える際は、何を基準にどれくらいの量を選びば良いのか分かりません。今回は、赤ちゃん用ガーゼの選び方について紹介いたします。

肌に優しい素材のものを選ぶ

赤ちゃんの肌は大人の肌と違い、免疫力や抵抗力もできていないため、大変デリケートで敏感です。ちょっとした刺激に対して、敏感なためすぐに肌が荒れてしまいます。そのためガーゼを選ぶ際は赤ちゃんの肌に優しい綿やオーガニックコットン100%素材のものを使うようにしましょう。100%天然素材で作られているガーゼであれば、デリケートな赤ちゃんの肌にも刺激が少なく安心して毎日使うことができます。毎日、何度も使用するため、洗濯してもすぐに乾きやすいタイプが良いです。小さいサイズのガーゼに関しては、薄手のもの、中サイズや大サイズのガーゼは厚手のものを中心に揃えると良いでしょう。また、優しい素材を使ったガーゼでも、毎日清潔な状態で使わないと赤ちゃんに刺激を与えてしまいますので、日々キレイに管理するようにしましょう。赤ちゃんの肌に触れるものですので、素材には十分に気をつけるようにしましょう。

育児用途に合わせたサイズ選び 

赤ちゃん用のガーゼにも小・中・大と使用用途に合わせてサイズがあります。赤ちゃんの目やにを取ったりする際に目の周りを拭いたり、ミルクの吐き戻しなどで口周りを拭く際は小サイズのガーゼが便利です。中サイズと大サイズのガーゼは赤ちゃんの沐浴用として、また、外出時のおくるみとして使う際に便利です。沐浴では裸にままお湯に入ると赤ちゃんもビックリしていまいますので、大きめのガーゼで赤ちゃんを覆ったり身体に掛けたりして使うようにしましょう。また、大きめサイズであれば、寝るときのふとん代わりや敷物の代わりにも使用することもできます。ガーゼによって厚みの違いなどはありますが、小・中・大と何れのサイズも赤ちゃんには必要なサイズです。1つだけのサイズではなく、それぞれのサイズを必要枚数揃えるようにしましょう。

新生児の頃が多めの枚数を準備しておく

赤ちゃん用のガーゼは1日に何枚も使用します。特に新生児の頃であれば、ミルク・授乳後の吐き戻しなども頻繁にあるため、多くのガーゼを使用します。1日に、小サイズであれば3〜4枚程度、中〜大サイズは2枚程度は使うことも多いため、準備が必要です。そのため最初に揃えるガーゼは、小サイズは10枚程度、中〜大サイズは5枚程度は揃えておくようにしましょう。ガーゼは速乾性・吸水性が高いため、常に清潔な状態で使うことができます。枚数が少ないと1枚のガーゼを長く使うことになってしまい、赤ちゃんの衛生面上良くはありませんので、必ず多めに揃えるようにしましょう。1枚で販売してあるものもあれば、3枚パックや5枚パックなど複数枚セットで販売されています。また、プーさんやディズニーなどキャラクターのイラスト入りのガーゼも多くあるため、外出用などに使うと可愛く、赤ちゃんもお気に入りガーゼを作ったりしますので、おすすめです。

いかがでしたでしょうか?毎日、多くの赤ちゃん用ガーゼを使います。常に清潔なガーゼを使うためにも多めに準備をしておくことが大切です。各サイズ必要枚数を揃え、洗濯にも余裕が持てるようにしましょう。可愛いキャラクターデザインものなどのガーゼは赤ちゃんが気に入る可能性もあるため、おすすめです!

オススメ

新着記事