飛行機の豆知識!リゾート路線とビジネス路線の違いとは?

飛行機には行く目的地についてリゾート路線とビジネス路線の区別がなされているのはご存じですか?今回は、このリゾート路線とビジネス路線の違いを見ていきましょう。 2017年09月04日作成

  • 旅行・お出かけ旅行・お出かけ

そもそもリゾート路線とは、ビジネス路線とはどのようなものを指すのでしょうか?飛行機などの乗り物について使われることが多いのですが、目的地によって区別されています。それではどういったところをリゾート路線と呼んでいるのでしょうか?サービスなどの違いはあるのでしょうか?

リゾート路線とビジネス路線とは?どう区別される?

リゾート路線とビジネス路線の違いは、飛行機を利用する客層の違いから区別されています。いわゆるリゾート路線は、観光目的の搭乗者が多い路線を指します。これに対してビジネス路線は商用関係での搭乗者が多い路線を指します。沖縄やハワイ、グアムなどはリゾート路線、バンコク、シンガポール、ニューヨークなどはビジネス路線とされています。

リゾート路線とビジネス路線によってサービスが異なる

リゾート路線は、これからバカンスに行く人が多く乗っていることから、機内食もバカンス仕様になっています。JALのハワイ線は、機内食をハワイのレストランとコラボしたものを提供したり、搭乗者が現地でフラダンス教室に参加できるようなサービスを提供したりしています。

リゾート路線とビジネス路線によって機材設備なども異なる

例えば、ビジネス路線のビジネスクラスにはいち早くフルフラットシートが導入されるようになっています。最新機種が導入されることが多いのです。これは、ビジネス客が飛行機で快適に過ごせることで、到着後に仕事がしやすい環境を提供し、リピーターを増やそうとする目的があるからです。

いかがだったでしょうか。リゾート路線とビジネス路線の違いを把握しておくと、旅行先を選ぶときや搭乗するときに用意するものの違いなども対応できるようになります。ぜひ参考にしてみて楽しい空の旅をお過ごしくださいね。

オススメ

新着記事