ハゲには「ゴマ」がいい?気になる効果をご紹介!

栄養価が高い「ゴマ」はハゲ対策に効く食品のひとつとして有名です。ここではゴマの栄養、効能、摂るべき量、摂りいれやすいレシピなどを紹介していきます。 2017年09月21日作成

  • ライフスタイルライフスタイル
  • VIEW:222

「ゴマ」を食べるとハゲ予防になる?その効果を分析!

ハゲには「ゴマ」が効く。そんなことを聞いたことはありませんか?ゴマにはさまざまな成分が含まれており、栄養価も高い隠れたスーパーフードです。そんなゴマを摂取していけば、脱毛や薄毛の予防にも効果が期待できます。今回はゴマを摂取することで得られる、髪の悩み対策についてご紹介していきます。

「ゴマ」ってどんなスーパーフード?

ゴマは種のような小さな食材で、主にパンの上に乗っていたり揚げ物やサラダにも使われたりすることが多いです。一粒はとても小さいですが、食べると香ばしい香りが口に広がりゴマを好んで食べる方もたくさんいます。ゴマは加工製品としてペーストされ、ゴマから抽出されるオイルなど使用用途が多いのが特徴です。そんなゴマは実はとても栄養価が高く、食べ続けることでさまざまな効果が期待されているのが解っています。特にセサミンという栄養素がハゲの症状に効果があり、髪の悩みを持っている方にも期待が持てる食品です。

「ゴマ」の栄養価は?

ゴマの栄養価には主にカルシウムやマグネシウム、鉄や亜鉛といったミネラル豊富に含まれています。さらにはたんぱく質や食物繊維、ビタミンAやB群、ビタミンEなどのビタミン群も多く含まれています。これはハゲの症状である薄毛や脱毛を改善してくれる栄養です。詳細は次の見出しで説明していきます。他にもゴマには抗酸化作用を持つ、成分のセサミンが豊富に含まれています。サプリメントでもおなじみのセサミンは、ゴマの成分から抽出して製品化をしています。

「ゴマ」を食べることでどんな効果があるのか

ゴマに含まれている成分はたくさんありますが、ゴマを摂取することで得られる効果にはどんなものがあるのかも見ていきましょう。まず挙げられるのがゴマの美容やダイエット効果です。ゴマにはビタミンEが含まれており、血管にたまったコレステロールを流し、きれいな血液にしてくれます。他にもゴマグリナンという成分が肝臓の脂肪分解機能を促して、燃焼しやすい体つくりをしてくれます。肝臓が健康になっていけば、お肌の健康度もアップし美肌やダイエット効果が期待できるのです。他にもゴマにはセサミンの老化防止効果、生活習慣病の予防などさまざまな効果を発揮してくれます。さらにゴマにはホルモンを分泌させる成分が多く含まれており、摂取していくことでハゲの特徴である薄毛を防いで抜け毛の減少も見込めます。ゴマは美白効果を期待する女性だけでなく、脱毛や薄毛に悩む方にも効果的です。

薄毛や脱毛対策にはどのぐらい摂取したらよい?

ではハゲ対策としてゴマを摂取するには、どの程度が良いのでしょうか。基本的にゴマの摂取量は1日に大さじ1杯が推奨されています。ゴマにはその栄養価として約半分が脂質となっています。このため過剰に摂取してしまうと高カロリーとなってしまうので、大さじ1杯を守って摂取するのが良いでしょう。また、ゴマには金胡麻、白胡麻、黒胡麻と3種類あります。3つのゴマの成分はあまり変わりませんが、黒胡麻には担任やリグナンと呼ばれる成分が含まれているので、薄毛や脱毛で悩んでいるのでしたら黒胡麻がおすすめです。

「ゴマ」をおいしく食べるための方法

ゴマは基本的にそのまま摂取しても、体内で消化吸収されにくい食べ物です。このためハゲに効果的なゴマの食べ方としては、すりつぶした状態のものを活用するのが良いでしょう。スーパーでもゴマはそのままの状態と、すりつぶしたものが販売されています。気軽に手に入るので、お味噌汁やごはん、サラダなどに振りかけていただくのが簡単です。他にも毎朝牛乳や豆乳などに混ぜて一緒に飲むのも、ゴマの香ばしさが感じられておいしいのでおすすめです。

ゴマを取り入れた生活を

ゴマはもともと栄養価が高いこともあり、昔から長く注目されてきた食材です。そして近年になり、ホルモン分泌を高めて毛髪を健康にしてくれる効果が高いことが判明しました。ハゲの症状である脱毛や薄毛にお悩みの方や心配な方はぜひ取り入れてみましょう。

オススメ

新着記事