栗まんじゅうが美味しい東京の和菓子の名店5選

東京には流行のスイーツ店がたくさんありますが、手土産やおやつに、秋の風物詩「栗」を使った昔ながらの「栗まんじゅう」はいかがでしょうか。
2017年09月03日作成

  • グルメグルメ
  • VIEW:1,483

大きな栗まんじゅう【とらや椿山|大栗まんじゅう・小栗まんじゅう】

大正14年創業の老舗和菓子屋「とらや椿山」の栗まんじゅうは、通常サイズの「小栗まんじゅう」のほかに、手のひらほどの大きさがある「大栗まんじゅう」があります。

なかには大きな栗が丸ごと1個入っていて周りは白餡がぎっしり詰まっています。栗まんじゅう好きにはたまらない一品ですね。

和三盆使用の贅沢な逸品【岡埜栄泉総本家|栗饅頭 栗さんぼん】

140年の歴史を誇る「岡埜栄泉総本家」の「栗さんぼん」は、和三盆をたっぷり使っており、生地の中には栗餡と白餡の合わせ餡、そしてたっぷりの刻み栗が入っています。

なんとも贅沢な逸品ですね。羊羹で仕上げたビジュアルも目を惹きます。

シェアしていただく?【埼玉屋小梅|大栗まんじゅう】

明治30年創業の「埼玉屋小梅」の「大栗まんじゅう」は、甘いものが好きな方におすすめのボリュームたっぷりなひと品です。大きなまんじゅうの中には丸ごと2個の栗や、白餡がぎっしり詰まっています。

お店のホームページには「2、3日かけてお楽しみください」との記載があります。

丸ごと栗が絶妙な食感を楽しませてくれる【赤坂 青野|一つぶ】

1899年創業の「赤坂 青野」の看板商品でもある栗まんじゅうは、丸ごと1個の栗を白餡でくるんでいます。丸いフォルムがなんとも可愛らしくもありますね。

栗と白餡の絶妙なバランスと、食感をお楽しみいただけます。

めずらしい一口サイズの栗まんじゅう【文銭堂本舗|栗の子】

販売を開始してから約60年間愛され続けている「文銭堂本舗」の「栗の子」は、可愛らしく食べやすい一口サイズの栗まんじゅうです。中には刻んだ栗がたっぷり入っていて、お子様からお年寄りまで年齢問わず人気があるひと品です。

東京の栗まんじゅうは見た目にも美味しそうで目を惹くものがたくさんありますね。普段から栗まんじゅうを召し上がる方はもちろん、そうでない方にも、ヘルシーで美味しい栗まんじゅうをおすすめします!

オススメ

新着記事