初期費用はかけたくない!出店・開設料無料のネットショッピングモールとは?

ネットショップを開設したいけど、できるだけ初期費用はかけたくないといった方は多いでしょう。多額のコストがかかると勘違いされる方もいらっしゃいますが、実はショッピングモールに開設をしても初期費用無料のモールがあります。 2018年04月07日作成

  • インターネットインターネット
  • VIEW:112

ネットショップの開設費用

実店舗と比較して

実店舗を開設する場合は、規模や場所にもよるのですが、500万円から場合によっては1,000万円以上かかることもあります。物件を選び、さらには内装の工事等が必要となります。他にも備品をそろえるとかなりの金額になるのです。

しかし、これに比べてネットショップは年間で1万円〜30万円程度で構築が可能です。また、必要な備品はパソコンとネット環境があれば問題ありません。あとは商品をきれいに撮影するカメラや、画像編集ソフトなどがあればよいでしょう。

ショッピングモールを使うと、初期費用や月額料金などが心配になる方もいらっしゃるでしょう。しかしこれらが無料のモールもあります。ネットショッピングの説明とそれらの無料のサービスをご紹介します。

ネットショッピングモールとは

実際の店舗と同じように、ネット上に店舗を持って販売をします。24時間365日営業をすることができ、店舗開設までにかかる時間やコストは実店舗よりも少なく済むので、実店舗を持たずにネットショップのみを始める人が多くなっています。

ネットショップを選ぶ

まずネットショップには2種類あります。自分でドメインを取得し自分だけのサイトを作るショッピングカートを利用する方法と、楽天やYahoo!ショッピング、Wowma!などのショッピングモールを利用する方法です。

ショッピンクカードは路面店で、ショッピングモールはテナントと考えれば良いでしょう。ある程度知識があって自信がある方はショッピングカートを使うのがおすすめです。デザインなど自分が好きなようにできますし、規制もなく手数料などもとられません。

しかし、ネットショップが初めて、またデザインなど全て自分でやる自信がない、または時間がないといった方はショッピングモールを使うことをおすすめします。

楽天やYahoo!またKDDIなど大手が経営していることの多いショッピングモールは、お客様からも出店者の立場としても安心です。また、それぞれのショッピングモールには特色があり、たとえばKDDIが運営するWowma!であれば、auユーザーのお客様が多くおり、Yahoo!ショッピングであれば、ソフトバンクユーザーに特典があります。

これらのようにショッピングモールは経営している会社によって、それぞれメリットがあるのです。しかも初期費用などが無料のネットモールもあります。

初期費用が無料のショッピングモール

日本で最も大きなショッピングモールの楽天は、出店料や初期費用が高めの設定となっています。
初期費用はなるべく安く抑えたい!という方には、費用無料のショッピングモールがおすすめです。

費用がお得なモール①:Yahoo!ショッピング

ソフトバンクユーザーに大きなメリットがあるYahoo!ショッピングは、ソフトバンクユーザーが集まりやすく集客面でも安心です。Yahoo!ショッピングのメリットはそれだけではありません。なんと、初期費用、毎月の固定費、売り上げロイヤリティ等が無料なのです。

Yahoo!はヤフオクも初期費用、毎月の固定費、出品料が無料です。
コストがかからないだけでなく、Yahoo!JAPANのページは月間ページビューが619億、またYahoo!ショッピングのセール情報なども掲載されます。圧倒的な集客力といえるのです。

ECサイトも訪問者月に4,500万人で、取り扱いの合計金額は1年間で3,700億円と言われています。

費用がお得なモール②:Wowma!

KDDIが経営するWowma!は通常は入会金が10,000円、月会費が4,800円するのですが、2019年3月利用分までであれば、入会金も月額費も無料となります。こんなお得なキャンペーンがあるでしょうか。

KDDIが運営しているWowma!はまず大手ということで安心、auユーザーにとってのメリットが多いため、集客力があります。またモールでは初となる、決済手数料込みのプランがあります。

折角売れても毎回決済手数料がかかっていたら、売上は減ってしまうのですが、もともと決済手数料が入っているプランを選べば、売れれば売れるだけお得となるのです。

また、成約手数料率が低くなるので、ショッピングモールのデメリットの一つのランニングコストが高いという点をクリアします。

コミコミ決済手数料を利用できるサービスは、クレジットカード決済、コンビニ決済、銀行ネット決済、ATM決済、他にも各携帯会社の毎月の利用料金と一緒に支払いができるサービスである、auかんたん決済、ドコモケータイ払い、ソフトバンクまとめて支払いが利用できます。

特に、携帯使用料金と一緒に支払うことができれば銀行口座からの引き落としを利用できることにより、クレジットカードを利用しなくても買物ができます。またコンビニなどで支払いに行く必要もなくなります。

お客様は決済方法を気にする人が多いので、出店者としても大きなメリットです。

上手に選んでコストを軽減

大手のショッピングモールを使うと、集客力はかなり強力だけど、初期費用などどうしてもコストがかかると思っている方多いのではないでしょうか。しかしYahoo!ショッピングや、Wowma!(2019年3月まで)のように大手のショッピングモールでも、ランニングコストがかからないショッピングモールもあります。

集客ができて、コストがあまりかからないとなるとショッピングモールでのメリットが大きくなります。ネットショップを経営するにあたり、商品選びや写真、商品の案内文などを考えるのに時間を使うことができます。

「売る」ことに専念して、なるべくコストを抑えながら売上を伸ばしていきたいものですね。

オススメ

新着記事