クリスマスリースのリボンの結び方

プレゼントのラッピングに使われるリボン。クリスマスリースに取り入れるとよりオシャレに仕上がります。その方法を今回はお伝えしますので、参考にしてくださいね! 2017年08月10日作成

  • ライフスタイルライフスタイル
  • VIEW:1,074

リボンだけでリースを作る場合、他のリースより簡単に作れるとされています。あまり工作が得意でない人も挑戦してみましょう。さらに、素材を工夫する事で、家の雰囲気に合わせてリースが作れるところもポイントが高い理由です。単体のリボンアイテムをリースにつけていく方法もあります。その方法をご紹介します。

まずはリースの土台となる部分を完成させましょう

クリスマスの定番アイテムの一つとして、リースが挙げられます。これにリボンを使うことで、より華やかに生まれ変わらせることができるのです。ただし、使う素材をうまく使わないと野暮ったくなるので注意が必要なんですよね。

リース作成に使用するものはワイヤー、グルーガン(熱でグルースティックと呼ばれる樹脂を溶かし、ボンドのように接着できるアイテム)、マスキングテープ、お気に入りのリボン。まずはワイヤーを使って輪を作ることから始めましょう。その後、残りのワイヤーを輪にぐるぐると巻き付けます。

そのままでは壁などに傷を作る原因になりかねないので、マスキングテープ等で補強をするとベストです。フラワーテープを代わりに使ってもいいと思いますよ。リボンはグルーガンを使ってリースにつけていきますが、それ以外にもベルやビーズなどを使うとクリスマスらしさを醸し出せます。100均などで揃えてもいいかもしれませんね。

そのまま土台にリボンを結んでリースを完成させてみましょう

簡単なリース作りの方法として、リボンだけでリースを完成させるやり方をお伝えします。これは、さっき作った針がねの土台に、リボンを蝶々結びしていくだけでOKです。

同じ色を何個もリースに結びつけ、一周させるだけでもいいですが、あいだに違う色を入れていくとカラフルなリースが仕上がるはず。また、リボンには裏地がついているものも売られています。ラメが入ったものを使うと、蝶々結びの立体感だけでなくゴージャス感が出せてとても綺麗!

他にも、二つ折りにしたままリボンを巻き付ける、いらなくなった布の切れ端を代用するなどでも、オリジナリティを出せるはず。針金を二重にする、リボンの量を増やすとさらにボリュームが出ます。慣れたら挑戦してみてくださいね。

フラワーボウを作ってグルーガンでくっつけてもいい

花が好きな人は、リボンでフラワーボウを作ってみましょう。見た目が豪華で難しく感じますが、さほど難しくないためおすすめです。

作り方は、まずリボンをグルグルと指にかけて巻いた後、指を抜いて両端を切断してください。布キリばさみだと繊維が飛び出ないため、見た目の綺麗を保てます。

それから切断して束になったリボンの中央を、残ったリボンか針金で結びましょう。留めている部分から上へ花びらが伸びていくイメージで、リボン一枚一枚を立たせます。形を手で綺麗にほぐすとフラワーボウの出来上がり!

リボンは一種類だけでなく、何種類か重ね、意識してグラデーションを作ったり、ヴィヴィッドなフラワーボウを作成することも可能です。何度か試して色の相性を確かめるのもいいですね。

リボンの手作りフラワーボウ作り方 - YouTube

出典:https://www.youtube.com

フレンチボウは華やかなイメージを残せます

出典:http//goo.gl

たくさんのリボンが重なったように見えるフレンチボウは、よりインパクトの残せるリボンになるので試して欲しい一品です。

作り方はとってもシンプル。
まず、リボンの先端に小さい輪を作ってください。
その後、輪を裏側方向にねじり、少し大きめの輪を作りましょう。
同じように反対方向にもリボンを裏でねじって輪を作り、この段階で3つの輪が出来ている状態ができていたら問題ありません。

先ほど作った3つの輪(☆)の中心をベースとして、その下に4つ、輪を作ってください。イメージとしては、☆の下にバツを描くような感じですね。それが終わったら☆の両端にもう一度輪を各一つずつ、作ってください。これでフレンチボウの完成です。

あとは余ったリボンで大きな輪を作り、中央の輪の中心に針金を入れて留めるだけ。やり方に迷ったら、動画を参考にしてみましょう。

フラワーアレンジメント フレンチボウ - YouTube

リボンを飾ることでリースはより美しくなる

既製品のリボンを使ってリースを作ることもいいですが、自分でリボンに工夫をこらすことで、よりイメージにあったものが生み出せます。また、リボンの色によってリースの印象も変わりますので自宅の雰囲気に合ったものを選びましょう。

今回ご紹介したリボンの作り方は、意外と簡単に出来るはず。あなただけのオリジナルリースを作って、みんなに自慢しちゃいましょう!

オススメ

新着記事