リビング?玄関?飾り場所別クリスマスリースの選び方

リビング?玄関?飾り場所別クリスマスリースの選び方についてまとめました。家の様々なところに飾り付けが出来る、飾り場所別にクリスマスリースの選び方をご紹介します。 2017年08月08日作成

  • ライフスタイルライフスタイル
  • VIEW:157

クリスマスにぜひ飾りたいクリスマスリース。さりげないものからインパクトのあるものまで、おしゃれなものがたくさんあるので、クリスマスのイベントをするかどうかに関わらず飾る人も多いようです。どこに飾ってもインテリアのアクセントになることは間違いありません。でも、飾る場所にぴったりのクリスマスリースはどのように選べばいいのでしょうか。ここでは、飾る場所別のクリスマスリースの選び方についてご紹介します。

リビング

クリスマスツリーとは違って場所を取らずにクリスマス気分を味わえるリースですが、長く飾っておけるとはいえ、ポロポロと飾りに使っている葉っぱや木の実が床に落ちると気になってしまうものですよね。そんなリビングにはシンプルな飾りがついたクリスマスリースがおすすめです。蔓などでできた土台にワンポイントで飾りがついているともともとのインテリアの雰囲気を壊しすぎることなく飾る場所を選びません。他にもクリスマスカラーのフェルトやりぼんなどで作られたものもおしゃれで素敵です。

窓辺や壁

玄関に飾ることが多いイメージが強いクリスマスリースですが、窓辺や壁にフックでかけて飾るのもおすすめです。窓辺は内側からも外側からも楽しむことができるのでグリーンたっぷりで飾りが少なめのものがおしゃれです。赤やゴールド、シルバーの大きなリボンをワンポイントに使うとグッと締まりますよ。壁だと少し小さなものをガーランド風にして並べてみたり、冬らしい毛糸やフェルトを使って作られたものを飾ったりするのも良いでしょう。

玄関

家の顔でもある玄関は華やかさを入れつつもおしゃれさは忘れないでおいておきたいもの。玄関に入ってすぐ横の壁やシューズラックの上などに姫りんごなど色のアクセントがきいているシンプルだけどかわいらしいリースはいかが。クリスマスの雰囲気を感じさせつつも清潔感や落ち着いた雰囲気はそのままです。大きさは少し控えめのものがぴったりだと思います。ツリーを飾りたくても飾りにくい場所でもあるのでサンタクロースの人形をデコレーションしたり、クリスマスツリーのオーナメントをさりげなくつけたりしたものも良いかもしれません。

玄関のドア

クリスマスリースを飾る場所の王道なのが玄関のドアです。海外のドラマや映画を見ているとインパクトのあるクリスマスリースが飾られているのをよく見かけると思います。ただ、玄関にフックがあるお家はなかなかないのではないでしょうか。一戸建てであってもわざわざクリスマスのために金具をとりつけるのは少し勇気のいることですし、賃貸やマンションだとドアに傷をつけることができないこともありますよね。そんなときはドアフックや磁石がついたマグネットフックを使ってみてください。そして、クリスマスリースは好みに合わせて大きさやデザインを選んでください。大ぶりで飾りがたくさんついたにぎやかなものもぴったりですし、クリスマスオーナメントを輪状にしたクリスマスツリーの良さを凝縮したようなものもいいですね。また、シンプルに蔓をつかったベースにワンポイントクリスマスらしい飾りがついたものも素敵です。

少し飾るだけで空間をクリスマスらしい場所に変えてくれるのがクリスマスリースです。飾る場所の雰囲気や使い勝手をそのままにお気に入りのリースを飾ることができたら素敵ですね。木や葉のあたたかみを感じることができるものが定番のように思いがちですが、リボンや毛糸、フェルトやクリスマスツリーのオーナメントなど様々な素材から選ぶことができます。ぜひ飾りたい場所にぴったりのクリスマスリースを飾ってみてください。

オススメ

新着記事