これは意外!ガーゼハンカチのリメイクアイデアまとめ

子供などに使うことの多い、ガーゼハンカチ。出産祝いにもらった事のある人もいらっしゃるのではないでしょうか。手元に余ってしまったガーゼハンカチのリメイク法を今回はお伝えします。 2017年08月27日作成

  • インテリアインテリア
  • VIEW:2,699

柔らかな質感が触る度に安心感を与えてくれるガーゼ。保湿効果もあり、たとえほつれが出来ても少量の水に浸すだけでまとまりが出るのもいいですね。ガーゼは、初心者でも扱いやすい素材です。あまり器用でない方も、簡単にリメイクできるのでやってみてくださいね。

まずはお手製の巾着袋を作ってみましょう!

作り方(今回は20×20cmのガーゼを例にしています)
1 ガーゼの端にほつれがある場合、かがり縫い(布の裏側から表側に、針を縫い進めていく方法。イメージとしてはガーゼの輪郭に添ってくるくると糸が巻き付いている感じ)をしていきます。
2 終わったら、ガーゼを中表(表が内側になるように折る事)にしてください。折ったところを下にして、口が開いている方、2cmくらいに余裕を残し、両脇部分を仮縫いをしていきましょう。この時、布のはしから1cmくらい離れた場所から直線に、上に8cmくらい縫い進めてください。
3 仮縫いをしたら、いよいよミシンをかけていきます。仮縫いをした糸から少し外れて縫うことがポイント。
4 口が開いているところに、ゴムを通すスペースを作ります。上部2cmを自分の方へくるん、と倒し、そのままゴムの通り道を残すイメージで、端を本体に縫い合わせます。手縫いの方が失敗が少なくていいかもしれません。
5 終わったら、ゴムや紐を通して、その先端を結んで完成!

裁縫は苦手で、もう少し簡単にリメイクをしたいなら…

いきなり巾着を作るのはレベルが高すぎる…そう思われた方には、もっと簡単なガーゼのリメイク術をお教えします。用意して頂きたいものは、2種類のダブルガーゼです。これを二つあわせた状態で縫い合わせると、オリジナルのリバーシブルガーゼが完成します。ベースとするガーゼではない、もう一つのガーゼを裁断し、下半分だけ縫い合わせてみるなどでもオリジナルガーゼを作れるはず。リバティプリントと呼ばれる布を購入して、あえてガーゼに縫い合わせてみてもOK。英国リバティ社が保有するプリントデザインを使った国産の生地は、その種類が豊富なため、見ている側も楽しくなります。気になる方は百貨店などでチェックしてみましょうね。

花粉症・風邪が心配な子にはマスクを作ってあげよう

他にも、ガーゼでマスクを作る方法があります。ガーゼマスクは市販もされているため、制作することで実用性の高いアイテムを生み出せるでしょう。子供用のマスクを薬局などで買ってきて、そのサイズに合わせてまずは裁断してください。あとは耳にかけるゴム(100均などで売っているヘアゴムなどを代用してもいいです)を縫い付ければ完成です。アップリケやアイロンをかけることで簡単に模様がつくアイテムなどを使うと、なおオリジナリティが出せるはず。動物を模したもの、カラフルな色合いのブーケなど、ガーゼマスクの見た目を楽しくする商品がたくさん市場に溢れています。今回は簡単なガーゼマスクの作り方をご紹介しましたが、もっと立体感のあるマスクを作りたい方は、動画を参考に作ってみましょう。自分の裁縫技術を磨く、いい機会になるかもしれません。

【手作りマスク】簡単!かわいい立体マスクの作り方(型紙付) - YouTube

ガーゼリメイクをもっと極めたい時はこうしよう!

ガーゼリメイクはアイディア次第でいくらでも生み出すことができます。自分一人でイメージを膨らませることもいいですが、プロの方が書いた本を参考にして、アイテムを作っていくと思いもよらぬいい作品に仕上がることがあるでしょう。ガーゼ生地の特性を使い、ミトンやクッション、ワンピース、ペンダントなどの作り方を紹介している本として、やわらかガーゼでつくる (生活実用シリーズ)があります。どれも可愛らしい物ばかりで、目移りしてしまうかも。もし、縫い方の基礎が分からないなら、カルチャーセンターなどで技術を教えてもらうこともおすすめです。公民館やショッピングセンターで定期的に行っているケースがありますので、チェックしてみましょう。

ガーゼリメイクを楽しんで生活を豊かにしましょう

ガーゼは原料にもよりますが、基本的に型くずれがあまりなく、洗濯機でも丸洗いできる素材。それでも気になる方は、洗濯ネットなどを使って洗濯機にかけたり、手もみ洗いをしていきましょう。乾きも早いので、使いたいときにすぐ利用できる点は嬉しいところ。時にはお子さんとともに裁縫を楽しんでみてくださいね!

オススメ

新着記事